心配になった症状の体験談

Contents
心配になった症状の体験談

破水の症状がでないか?心配しながらの出産準備でした

私の出産スタイルは、あまり身近で聞いた事のないスタイルです。日本では出産は痛みを伴ってこそ、母親になれるというような風潮があるかと思います。ですが、私は体験しなくて良い痛みなら体験しない方が良いという考え方だったので、お腹に赤ちゃんができたとわかった後、迷わずに無痛分娩の病院へ行きました。よく先輩ママから”赤ちゃんが出てきた時はそれはそれは感動したけれど、正直言うとやっとこの痛みから解放される!という思いのほうが強くて生まれた瞬間の事は覚えていない。”とか”子供が生まれた時は24時間寝ないで痛みに苦しんでいたので、朦朧として覚えていない。”という事も聞いたので、無痛分娩(硬膜外麻酔)なら子供が生まれる感動的な瞬間を痛みに惑わされず冷静に味わう事ができるという思いもあったからです。
いつ生まれても良いように、病院にもって行く物などをバッグにつめる出産準備を始める臨月頃になると、まわりの妊婦さんたちは出産に対する恐怖心を語りだす方が多くなりました。そんな中私は無痛分娩の予定だったのでゆったりとした気持ちで準備する事ができました。ですが、一つだけ他の妊婦さんとは違う心配があったのです。私のお世話になっている病院は個人のクリニックだったので、あらかじめ出産を計画した日・時間に陣痛促進剤と硬膜外麻酔を使って無痛分娩にすることはできたのですが、夜間や出産予定者がたくさんいる日に急にお産の症状がでて出産となった場合は、スタッフの人数がたりないので無痛分娩にはできないと先生に言われていたからです。
その話を聞いてからは、お腹の赤ちゃんに”予定した日の昼間に生まれてきてね。”と毎日のように語り掛けました。その甲斐あってか?出産に適しているといわれている38週入ってすぐに、破水の症状があり、しかもそれが朝の8時と丁度先生がクリニックに顔をだす時間だった事もあり、無事に無痛分娩で出産する事ができました。麻酔をするのは生まれる直前だったので、そこまで痛みはありましたが、本当に痛いといわれる生まれる瞬間は麻酔をかけていたので、わが子との対面は今でもはっきり思い出す事ができます。麻酔をかけていたお陰で出産もストレスがない分スムーズに生むことができたので、無痛分娩は良かったです。